クッションの中身・ヌードクッションのおすすめ。我が家の場合

今回のブログでは「クッションの中身・ヌードクッションのおすすめ」をご紹介します。

我が家では断捨離を行ってからのリビングは、良く言えばすっきり、はっきり言えばとても簡素なインテリアになっていました。

関連記事

こんにちは、seaです。 突然ですが、自宅の断捨離が完了しました。 もともと物が多いタイプではなく、溢れかえった物が目に入ると落ち着かないタイプですが、 多忙なフルタイムの仕事をしていた時には、時間がなくても部屋が散らか[…]

自宅インテリア公開①

関連記事

こんにちは、seaです。 以前、こちら↓の投稿で「我が家のリビング」をご紹介いたしましたが、たくさんの方にご覧いただきありがとうございました! [sitecard subtitle=以前の記事 url=https://theco[…]

自宅インテリアの公開②

リビングのソファーにおしゃれにクッションを飾りたいなぁと思っていたものの、長らく放置・・・。

クッションは常に形を整えたり、ホコリを払ったり、洗ったり、意外にお手入れが大変

へたらないクッションの中身を探さないとすぐにヨレヨレになってしまいますよね。

 

そんな我が家でしたが、ようやく重い腰を上げて(笑)ソファーにクッションを置くようになりました。

今回はクッションの中身のおすすめをお探しの方に、へたらない・洗える・お手頃価格と三拍子揃ったおすすめのクッションの中身・ヌードクッションと、我が家の事例をご紹介します!

クッションの中身・ヌードクッションのおすすめ!

  • へたらない
  • ふっくらしている
  • 洗える
  • 比較的安価で新しいものに交換がしやすい

そんなヌードクッションを探していた我が家、

「無印のものは手軽に買えて良いけれど、以前使ってちょっとヘタリが早かったのが気になる・・・。」

「羽根のクッションの中身も良いけれど、比較的お手軽価格ではないしお手入れしにくいかな・・・。」

などと色々お店やネットなどで探しているうちに、まさにぴったりなおすすめのクッションの中が見つかりました!

 

クッションの中身のおすすめ(ビーバイのヌードクッション②)
(画像はビーバイさんのHPからお借りしています。)
スペック
商品サイズ:45cm × 45cm
材質:ポリエステル100% タフタ生地(側生地),東レFTシリコン綿 ポリエステル100%(中材) 
お手入れ:40℃以下で中性洗剤で手洗い

日本製

 楽天市場で見る

おすすめのポイント

クッション専門のショップ「beeb-y(ビーバイ)」さんのオリジナルのヌードクッション。

  • 側生地も中材も日本製

ビーバイさんの工場で縫製されていてとてもしっかりとした作り

 

  • お買い得な価格!

単品でもお手頃価格ですが、2個セット、4個セット、6個セットがあり、送料を考慮するとセットの方がお得に購入できます。

今回、我が家は45cm × 45cmの4個セットを購入してみました。

 

  • 豊富なサイズ展開

35cm、40cm、45cm、48cm、50cm、55cm、55×59cm、59×63cm、60cm、65cm、70cm、80cm、90cm、100cmとかなり豊富なサイズが揃っています。

ちなみにセット販売は45cm、50cmのみですのでご注意!

お気に入りのクッションカバーを買ったものの、ヌードクッションとサイズが合わなくてなんだかブカブカ・・・と気になる方は、一度違うサイズで試してみても良いかもしれませんね。

 

  • ふっくら
  • 洗える

中材は、日本の大手化学メーカー「東レ」が開発した東レFTシリコン綿

中が空洞になった特殊なポリエステル製の糸を使い弾力性反発性透湿性にすぐれた素材です。

40℃以下の中性洗剤で手洗いできるのもポイント!

自宅でお手入れができるので、汚れや匂いなどを気にせず手軽に日常使いがしやすい点もおすすめのポイントです。

 

クッションの中身のおすすめ(ビーバイのヌードクッション①)
(画像はビーバイさんのHPからお借りしています。)

おすすめのヌードクッションのレビューと我が家の場合

さて、自宅に配送されてきた時の様子は・・・、

 

クッションの中身のおすすめ(到着時②)

このような感じで、圧縮なしのふっくら状態で届きます。

持ち上げると見た目に反して軽い

 

包装を開けてみると、ふかふか状態のヌードクッションが。

 

クッションの中身のおすすめ(開封時①)

中もしっかりとビニールで包まれている為、安心です。

封を開ける時に、カッターなど刃物を使う時は、誤って中身まで刺してしまったり、傷を付けてしまったりすることがあるため要注意

 

クッションの中身のおすすめ(開封後①)

そっと開封して全て取り出してみました。

表面の生地は目がかなり細かい、手触りが優しい滑りの良い素材で、色が生成りではなく真っ白な点も◎!

生地が薄めのクッションカバーを使っても、中身の色が主張しないためとても使いやすそう。

もちろん、期待通りふっくらしていて弾力性があります。

 

我が家のクッションカバー

我が家で用意したのは、IKEAで購入したコットンのホワイトのクッションカバー、麻の淡いピンクのカバーと、

 

クッションの中身のおすすめ(IKEAカバー③)

 

ACTUS(アクタス)で購入したカバー。

張りのあるしっかりとした素材と、黒と白とベージュの編み柄が、我が家のインテリアに取り入れたかったイメージにピッタリだったため選びました。

 

クッションの中身のおすすめ(ACTUSのカバー)
 

アクタスのカバーをポイントに、IKEA(イケア)のピンクのカバーで色のアクセントを添えて、残りはホワイトで統一感をもたせるイメージです。

IKEAのピンクのカバーは50cm × 50cmだったはずですが、使う前に洗濯をしたら、45cmのアクタスのカバーと同じくらいの丁度良い具合に縮みました。(笑)

「麻だから水洗いしたら縮むだろう」という思惑買いは大当たり。(笑)

(上↑の写真をよく見ると、IKEAのピンクのカバーが下に重なっていますね。)

ただ、個体差はあるかと思いますので、水洗いをお試しされる方は同じように良いサイズ感に縮むかわかりませんのでご注意を!

あと、洗濯をするとシワが凄いため、アイロンは必須です。

 

早速、先程到着したおすすめのbeeb-yさんのヌードクッションを入れてみました。

 

クッションの中身のおすすめ(IKEAのカバー③)

 

クッションの中身のおすすめ(IKEAのカバー①)

裏は紐で結ぶようになっていて、デザインのアクセントにもなっていますね。

紐を見せるようにクッションを飾っても良いですが、残念ながら力量が足りずにどうも可愛く結べなかったので、我が家は裏向きに。

まだ少々カバーがブカブカしているので、次回水洗いした際にもう少し良い具合に縮むことを期待。(笑)

IKEAのヌードクッション

IKEAのホワイトのクッションカバーは、合わせて購入したIKEAのヌードクッションを使います。

 

クッションの中身のおすすめ(IKEAのヌードクッション①)
スペック
商品サイズ:50cm × 50cm
材質:綿100%(布地)、ダックフェザー(中材)
お手入れ:60℃以下で洗濯機○、80℃以下でタンブラー乾燥○

IKEAのヌードクッションは一般的な45cm × 45cmサイズは無くて、

  • 50cm × 50cm

が基本サイズのようです。

くるくるっと丸まった包装を開けると、開けたばかりはぺったんこ、ふにゃふにゃ、ヨレヨレでちょっと心配になりますが、

 

クッションの中身のおすすめ(IKEAのヌードクッション③)

バサバサ振って空気を含ませた後、しばらく日が当たる窓辺に放置していたら、使える程度にふっくらしてきました。

 

  • IKEAのクッションの中身は匂いが気になる

といった口コミが散見されますが、実際にはどうでしょうか?

個人的には、使い始めにはやはり羽毛特有の匂いが気になりました。

また、しばらく経った今でも薄くなったもののやはり匂いはします。

羽毛特有のあの獣臭のような匂いが苦手な方は、今回のブログでおすすめしたヌードクッションのような、羽毛ではない素材のものを選ぶ方が良いかもしれません。

 

  • 弾力性、反発性、膨らみ具合

については、こちらも個人的には少し膨らみが足りないかなと感じています。

我が家はクッションカバーのサイズにぴったりで、パツパツな位にしっかりとしたヌードクッションを探していたためそう感じましたが、あえてクタッとしたリラックスした雰囲気にしたい方におすすめです!

 

ソファーにクッションを配置

アクタスとIKEAのピンクのクッションカバーに先程のビーバイのヌードクッションを入れ、ホワイトのIKEAのカバーには同じくIKEAのヌードクッションを入れてソファーに並べてみました。

何もなく殺風景だったソファーが、

 

ソファー②

 

少し華やかになったかな。

 

クッションの中身のおすすめ(ソファーに配置②)

 

横からクッションを見ると、期待通りのふっくら感

お値段以上の品質で高級感のある見た目になり、大満足です!

 

クッションの中身のおすすめ(ソファーに配置③)

 

クッションのお陰でソファー周りが少し、明るく優しい居心地の良い雰囲気になったような気がします。

ピンクのクッションは、秋になったらベージュやグレージュ系に置き変えたり、冬はシルバーやホワイトの温かみのある素材に変えたりと季節や気分に応じて少しづつアレンジしてみたい、と妄想が広がります。

アクタスでもう一つ似たような織地のクッションカバーを追加購入してみても良いかな。

 

クッションの中身のおすすめ(ソファー全体⑪)

 

ただ、クッションを置くことで、むしろクッションだけでは物足りないような、今度はラグフロアライトなどを追加してみたいような気がしてきました。。

我が家の断捨離後のインテリア改造計画はまだまだ続きそう。。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

関連記事

こんにちは、seaです。 突然ですが、自宅の断捨離が完了しました。 もともと物が多いタイプではなく、溢れかえった物が目に入ると落ち着かないタイプですが、 多忙なフルタイムの仕事をしていた時には、時間がなくても部屋が散らか[…]

自宅インテリア公開①
関連記事

こんにちは、seaです。 以前、こちら↓の投稿で「我が家のリビング」をご紹介いたしましたが、たくさんの方にご覧いただきありがとうございました! [sitecard subtitle=以前の記事 url=https://theco[…]

自宅インテリアの公開②
関連記事

マンションならではの洗面室をホテルライクにスッキリ見せるコツを、我が家の洗面室をご紹介しながらお伝えしています! こんにちは、seaです。 以前の記事では、我が家のリビングとキッチンをご紹介しました。 [sitecard su[…]

関連記事

こんにちは、seaです。 こちらのブログでは、玄関のアルコール消毒液置き場についてご紹介します。 今まであまり意識して出番が無かったのに、コロナ禍で最も日常的に使われるようになった大躍進のモノといえば、アルコール消毒薬! […]

玄関の消毒液置き場(我が家の玄関③)
関連記事

我が家の浴室のご紹介と、浴室を「ホテルライク」に見せるコツをご紹介しています! こんにちは、seaです。 以前の記事で我が家のリビングやキッチン、洗面室についてご紹介しました。 [sitecard subtitle=以前の記事[…]

我が家の浴室水栓